iOS7を入れたauのiPhone5で楽天ブロードバンドLTEのsimを使ってみる

この前iphone5からnexus5に移って、当然ながらiphone5は通信ができなくて最早スペックの高いipod touchとなっていたのだけど、simロックを解除して格安MVNOで使ってみようと思って勢いで楽天ブロードバンドLTE申し込んだ。

まず R-SIM7+ を買う。通称下駄。サイズの合わないsimにはめるアダプタで、simロックを解除する役割もある。これにMVNOのsimを載せてiphoneに刺す。これ偽物が多くあり、製品のバージョンもいくつかあって中にはうまくいかないものもあるそうで、またこの下駄もレビューを見ると成功した人も失敗した人もいる。作業手順や環境によっても変わるらしい。少なくとも俺はこれで成功した。

iphoneはwifiをオン、LTEとモバイルデータ通信をオフにし、全てのタスクを終了させて下駄を履かせたsimを入れる。
その後キャリアを問われるので選択。俺のはauのなので JP AU を選んだ。
次にiphoneの4なのか5なのか問われるので選ぶ。以上で終わるので了解を押して閉じる。
この時点で左上に NTT DOCOMO と表示されればいい。
そもそもキャリアを問われる画面が出なかった場合は、設定>電話>SIM Appと進んで上記作業を。

ここではまった。再起動やLTEをオンにすると、simの設定が書き換えられることがあり、キャリアを探せなくなる。具体的には圏外になる。
こうなると厄介で、適当なドコモ端末かsimフリー端末にsimを刺してモバイルネットワークの設定からdocomoの電波を掴ませてやる必要がある。するとsimの情報が戻る。これ、どの端末でもできるわけではないらしいので注意。このとき JP DOCOMO と NTT DOCOMO が見つかるが、 NTT DOCOMO でうまくいった。
幸いにもNexus5はsimフリー機かつsim書き換えができる端末だったようなので、下駄についてきたマイクロsim用の下駄を使って回復させることができた。
尚、俺はこのsimでiphone5でLTEを使おうとしたらこうなったので、この組み合わせではLTEはやめておいたほうが無難っぽい。

あとはapn情報を構成ユーティリティを使って作成し、インストールしてモバイルデータ通信をオンにして終了。
iphone_docomo_network.jpg